【政治】竹中平蔵氏「正社員をなくしましょう」「全員を正社員にしようとしたから大変なことになった」・・・朝生で非正規雇用について熱弁

1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2015/01/02(金) 10:13:41.72 ID:???0.net
1日放送の「朝まで生テレビ!元旦スペシャル」(テレビ朝日系)で、竹中平蔵氏が非正規雇用について論じた。

同番組は、「激論!戦後70年日本はどんな国を目指すのか!」と題し、田原総一朗氏や出演者が生放送で討論を繰り広げる。

番組中盤になると、出演者は「改正派遣法の是非」を議題として、現状の派遣労働者や非正規雇用の地位についてそれぞれの意見を述べた。

その中で竹中氏は、労働省が実施した派遣に対する調査を例に上げ、正社員に変わりたい人と非正規のままでいいという人では、非正規のままでいいという人の方が多い、という調査結果を紹介した。

また竹中氏は、派遣雇用が増加した原因について「日本の正規労働ってのが世界の中で見て異常に保護されているからなんです」と述べ、整理解雇の4要件について触れた。

さらに竹中氏は、同一労働同一賃金について「(実現を目指すなら)正社員をなくしましょうって、やっぱね言わなきゃいけない」「全員を正社員にしようとしたから大変なことになったんですよ」と、日本の問題点を指摘した。

1_1

http://news.livedoor.com/article/detail/9634197/


  続きを読む ▼

  【社会】“壊滅的”なほど急激に進む少子高齢化のスピード…若年人口は減少するも平均年収は増加せず 街には中高年が溢れる

1: しとらす ★@\(^o^)/ 2015/01/01(木) 12:38:38.70 ID:???0.net
少子高齢化のトレンドを受け、若者人口は減少している。しかもそのスピードは、「壊滅的」という言葉を用いたくなるほどに急激だ。わが国における20歳代の人口は、1995年には1900万人に迫っていた。それが2015年にはおよそ3分の2の1300万人程度となり、2030年には1100万人程度にまで減少する見通しである。

これだけ人口が減れば、当然市場も縮小する。また人口構成の点でも、かつて多数派を形成していた若年世代は、もはや完全な少数派に転落してしまった。

かつて繁華街や観光地やスポーツ施設などでは、若者たちがあふれていた。だが現在は、どこに行っても目立つのは中高年世代であり、若者の存在感は概して希薄になった。

若者市場が失ったのは、数のパワーだけではない。若者一人ひとりの購買力も、 急速に衰え ている。国税庁の「民間給与実態統計調査」のデータによると、25~29歳の勤労者の平均年収は、1997年から2009年の12年間の間に、373万円から328万円へと45万円も減少した。

前後の 世代を含め、若年世代の所得は1997年以降一貫して右肩下がりだ。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20101101/216899/?ST=smart


  続きを読む ▼

  このブログについて

どんなかなしいことがあっても やせがまんでもいい
ひのあたるばしょで つよくいきていこうとおもふ そうドクダミのように。


相互リンク大募集、メールフォームにてお問い合わせください。

ドクダミ速報

http://doku.publog.jp/
http://doku.publog.jp/index.rdf