【社会】「電車内でのベビーカー、畳まず使用OK」 国交省などが指針出したが、今も苦情は無くならず

1: シャチ ★@\(^o^)/ 2015/01/03(土) 15:47:17.71 ID:???0.net
電車内でのベビーカー使用について、たたむべきか否か、そもそも使用を避けるべきなのか、この数年ずっと議論が続いている。

国土交通相が事務局となって有識者や業界団体などで構成される協議会が2014年3月、ベビーカーの統一マークを決定し、「たたまずに使用できる」という指針を出したものの、現場でのトラブルや苦情はなくなっていない。

■JR東は新型列車にベビーカー向けスペース新設

これまで議論が続いてきた背景の1つに、鉄道各社の対応や規定がバラバラだったことが考えられる。マナー啓発や注意を呼びかけるポスターの掲示やパンフレットの配布を行う会社がある一方、国交省の調査によると13年6月の段階でベビーカー使用に関する規定がなく、案内も行っていない会社は3割を超えていた。

13年6月、鉄道だけでなく、バスや旅客船も対象にした「公共交通機関等におけるベビーカー利用に関する協議会」が発足、14年3月に意見を取りまとめた。子どもを抱っこしたり、荷物を持ったりしたままでベビーカーを折りたたむのは困難な場合が多く、不安定な状態で子どもを抱っこすると転倒の危険がある、などから、「たたまずに使用できるよう取り扱うことを基本とする」との指針を示した。たたむべきか否か、という論戦に一応の終止符が打たれた形だ。

協議会の決定を受け、各社も取り組みを加速した。東京メトロなど鉄道各社は車両内外に車いすマークと一緒にベビーカーマークを掲示したり、駅にポスターを貼ったりして、ベビーカーを使用する人だけでなく、周囲の乗客にも呼びかけるキャンペーンを実施した。また、JR東日本は15年秋、山手線に導入する新型列車の全車両にベビーカーや車いす使用者向けのフリースペースを設けることを発表した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141231-00000000-jct-soci


  続きを読む ▼

  【話題】香山リカ「ネットで囁かれる妄言を『これぞ真実』と安易に信じるネトウヨと呼ばれる人たちがいる」

1: くじら1号 ★@\(^o^)/ 2015/01/03(土) 13:59:14.47 ID:???O.net
毎回、評者に1人1冊を選んでもらう書評コーナー。今回は年末年始に合わせ3冊の本をピックアップしてもらった。精神科医の香山リカ氏が「世の中のウソを見抜く」をテーマにピックアップしたのは、以下の3冊だ。

(1)『江戸しぐさの正体』(原田実/星海社新書)
(2)『日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか』(矢部宏治/集英社)
(3)『世界陰謀全史』(海野弘/朝日新聞出版)

 以下、香山氏の解説。
 * * *

(1)は快作。文科省推奨の日本式マナーはなんと1980年代に一個人が作ったファンタジー。それが巧妙に啓発する団体やメディアによって次第に「日本の伝統」にねつ造されていく様子を丹念に文献や証言を集めて遡及的に追跡する本書は、ミステリーのような面白さ。

真実に迫る興奮という読後感は、(2)も同じ。本書は名著『戦後史の正体』の企画者によるダイナミックな戦後史読み解きだが、原発と米軍基地、一見異なるふたつの問題のウラにある、日本にとっての最重要ルールがあぶり出されていく。このように真実を探り当てるには手間も時間もかかる。しかし最近、ネットで囁かれる妄言を「これぞ真実」と安易に信じるネトウヨと呼ばれる人たちがいる。

ただ(3)を読むとそのたぐいは大昔からいたもよう。謎の多い世界を理解するために陰謀史観に飛びつく人たちは、社会の複雑化、そしてネットの普及により増える一方なのだという。彼らにつけるクスリはあるのか。

http://www.news-postseven.com/archives/20141229_294251.html


  続きを読む ▼

  【政治】山本太郎が総理大臣になったら実行する9のマニュフェスト

1: 諸君、私はウンが好きだ ★@\(^o^)/ 2015/01/03(土) 10:27:17.18 ID:???0.net
前略

(1)僕が総理大臣になったら 「総理官邸でほぼ毎週末、クラブイベントをやります」

 官邸だけでなく、永田町にある施設も週末クラブ化させ、パスを発行し、ハシゴできる様にします。営業は、深夜12時まで。そのあとは、他へ流れて、朝まで遊んで戴ける様にします。

 風営法によって、深夜に踊る事も許されない国を、官邸主導で変えて行きます。イベントをオーガナイズする人を毎週公募、週末の永田町があなたのアイデアで彩られます。収益は財政が厳しい自治体、または生活困窮者支援に分配します。

(2)僕が総理大臣になったら 「全国の城を宿泊施設にします」
 イメージは、ポルトガルのポサーダ。

 現在、博物館的な役割をしているお城の天守閣をスイートルームにして、世界の富裕層、超富裕層に、1日城主を味わって戴き、お金を落として戴きます。

 例えば、姫路城天守閣一泊、200万円でも泊まるお金持ちはいます。

 収益は、それぞれの施設の維持費、余れば、その自治体の財源とします。

(3)僕が総理大臣になったら「海外視察に学生を連れていきます」

 海外視察に行く度に、全国の中学校から抽選で一校選び、同行して戴きます。

 安倍総理の様に50カ国を訪問するなら、50校の生徒を連れて行く。

 相手国の学生も交えた首脳会談や、ホームステイ、などなど体験できる修学旅行をして戴きます。

(4)僕が総理大臣になったら「教育を変える」
 18歳になれば、自分がどんな仕事をして生きていくのか、が大体決まるというドイツのマイスター制度を手本に、音楽・演劇・映像・漫画・美術など
アート方面にも選択の幅を拡げ、望む人全てが手に職をつけられる様な、ひとりひとりが持つ才能を発見し、誰もが必要とされる教育環境を築きます。

(5)僕が総理大臣になったら「消費税を廃止します」
 25年続いた欠陥税制でこの国に生きる人々は疲弊し、経済は後退しました。

 じゃあ、財源は?

 僕が総理大臣になったら、税の累進制を強めます。

 お金持ちになればなるほど税金が安くなる、日本の所得税。

 多く払える人が多く払う、と言う、税の概念・大前提に反する現状は、ただの金持ち優遇、お仲間たちへの最大の配慮、既得権益の強化です。

 山本太郎政権の税金の集め方は至ってシンプル。持ってる人から多く取る。

 それだけでなく、大企業とネンゴロである政治家や官僚が作り上げた、大企業が税逃れを出来る為に用意された80ものシステムも見直し、相応の法人税を支払って戴きます。

 これができれば、消費税など不公平な税金は必要ありません。

 この国に生きる人々を犠牲にし、財務省と大企業に気遣いをするのは終わりです。

http://news.livedoor.com/article/detail/9634453/


  続きを読む ▼

  【話題】「38度の熱」でも出社する社員が3割――給料を減らされたくなければ働くしかない?

1: 反日もろ禿 ◆SHINE.1vOk @もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/01/02(金) 15:52:59.19 ID:???0.net
熱が出ても会社を休まない??。こうした考えの会社員が少なくないことが、「web R-25」が11月末に発表した調査結果で明らかになった。20?30代の会社員226人に調査したところ、「熱が38度あっても出社する」と回答した人が3割を占めた。

この結果に対して、ネットでは「社会人なら、熱があっても出社するのが当然」「40度超えるまで休むな」という声がある一方で、「無理せず休む」「無理してサービス残業して体壊して以来、体調悪くなったら遠慮なく休むようにしている」という声もあった。

熱があっても出社する理由として、「給与が減らされるから」と考える人もいるようだ。やはり病欠の場合、給与は休んだ分だけ減らされるのだろうか。減らされたくなかったら、有給休暇を取得するしかないのだろうか。労働問題にくわしい野呂圭弁護士に聞いた。

1_1

http://news.infoseek.co.jp/article/bengoshi_2507


  続きを読む ▼

  【日刊ゲンダイ】古賀茂明「中国の行為は侵略ではなく進出」「改革せず戦争する安倍政権止める勢力必要」

1: 反日極左 ◆SHINE.1vOk @もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/01/02(金) 15:47:27.95 ID:???0.net
外交安全保障でも今年は分岐点です。安倍首相は、軍事力によって、日本の利益を守るという考え方です。しかし、俯瞰して世界を見てみると、中国に対する抑止力は軍事力よりもビジネスなんです。中国は国際世論によって非難され、ビジネスができなくなることをむしろ恐れている。

欧米は中国が世界中を侵略していると言いますが、それはビジネスや契約による進出であり、かつて欧米が軍事力で植民地にしたのとは次元が違う。例えばアフリカの人たちは、中国を親友とは思っていないけれど、ビジネスではパートナー。植民地時代の方が許せない、と思っています。

そんな中で、安倍首相は日本の“平和ブランド”をなくそうとしている。集団的自衛権の行使を容認するための安全保障法制の見直しなど、15年春以降、そうした方向性を決定的にしていく。その先には憲法改正です。

「改革はしないけど戦争はする」安倍政権の暴走を止めるためには、「改革はするけど戦争はしない」新たな政治勢力が必要だと思います。

日刊ゲンダイ|古賀茂明氏が直言「改革せず戦争する安倍政権止める勢力必要」
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/156085


  続きを読む ▼